上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもG・M・Bが大変お世話になっております、PSP五番街さんのお誘いで、

「重陽の節句」の集いに参加させていただきました。


実は…恥ずかしながら、私。


「重陽の節句って?…なに?」という若輩者でして、
無知ってコワイ!と思いつつも、インターネットでお勉強をしてみました。



☆重陽の節句…五節句のうちの1つのようで、重陽は「ちょうよう」と読むようです。
           「重陽」とは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。
          陽(奇数)が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で
          重陽と言われているそうです。
          
          平安時代以前は、農山村や庶民の間で秋の田畑の収穫が行われる時期に、
          「栗の節句」とも呼ばれて、栗ご飯などで節句を祝ったそうです。
       
          そして、平安時代に入って、菊の花を浸した「菊酒」を飲み交わしたそうです。
          (中国思想の影響を受けたとのこと。)




う~ん!栗の節句(^^)


昔から秋は「食欲の秋!」なのですね。
すばらしい~(*^^)v



重陽の節句というと、人間、頭は「???」になりますが、
「栗の節句」と言えば、きっと、土用の丑の日なみに、
ちまたでも流行るのではないか!!!
など、栗が大好きな私は思ってしまいます。
(そういう問題ではなさそうな…すみません。)




PSP五番街様の主催で、舎林様にて行われた「重陽の節句」。

たくさんの方がいらっしゃってました。

G・M・Bが以前参加させていただいた、お料理の先生の美味しいお料理をいただきながら、
楽しい1日を過ごさせていただきました。



舎林様は、漆専門のギャラリーです。
「ギャラリー」と聞くと、漆であったり、陶器であったり…。
目まぐるしく展示が行われているイメージがありますが、
漆専門のギャラリー様です。


素敵なお人柄の店主様がいつも温かく迎えて下さいます。

G・M・B個人的に大好きな方なのです。
いつもお会いすると、「ホッ!」とする方でいらっしゃいます(^^)


ですので、全国各地から「ここに行けば、この作家さんの器が見れる!」などと、
マニアはもちろん、色々なお客様がいらっしゃいます。
(ほんと、全国各地からいらっしゃるようです。G・M・Bも自宅から舎林様は遠いのですが、
私より遠いところにお住まいの方がわんさか!…すごいです。)



そして、作り手様も、舎林様に集まってこられます。


G・M・Bも何度か「職人さん」と言われる方に舎林様でお会いできたのですが、
職人さん=近寄りがたい!
という勝手なイメージを抱いておりましたが、
そうではなく。
皆さんとっても素敵な方でした。



そして、その「漆の器」=「特別な器」「お正月にしか使わない器」
ではなく、日常でも使えるよ~!
こういう風に使えるよ~!
お修理も出来るんだよ~!


大好きな漆を広めたい!という思いから、
「PSP五番街」の店主様が「PSP五番街」を立ち上げられました。



素敵ですね~(#^.^#)



G・M・BもPSP五番街の店主様に誘われ、舎林様に何度か足を運ぶたびに、
少しずつ、日常で使える「漆の器」が増えてきました。
日常で使える漆の器!オススメです♪



というわけで、長くなってきましたので、
次回へ・・・続くです!(^^)!






【2012/09/10 09:17】 | 集い。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。