上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもありがとうございます。


G・M・Bです。


先日、「ひな祭り」というタイトルで、ブログを書かせていただきましたが、
3月3日に「桃の節句」の集いにお招きいただき、楽しいひと時を過ごさせていただきました。




前回もご報告させていただきました、「重陽の節句」の集い。【その壱】「重陽の節句」の集い。【その弐】の時、次は「桃の節句」を!というお話だったようです。




今回は、「安来家ハナレ」さんにお邪魔し、皆さんでお食事を楽しませていただきました。



「安来家ハナレ」さんにも、ひな人形をご用意いただいたそうで、
まさかお部屋にひな人形があるとは思っていなかったので、
かなり驚きました。


DSC01197.jpg


色々な年代の方が集まり、それぞれが持ち寄った、和紙にお干菓子を並べて飾ったりされていたのですが、
その「きゃぴきゃぴ♪」嬉しそうな雰囲気を見て、
「女子は一生女子なんだなぁ~!」と、嬉しくなってしまいました。



DSC01196.jpg



ご参加者の方に、かわいいお内裏さまとお雛様の可愛いパッケージにはいった、お土産までいただいちゃいました!


DSC01201.jpg

この可愛いパッケージの中には、蕗味噌が!

ご馳走様でした~(*^^)v


そして、楽しいひと時を企画&ご用意いただきました、舎林さまピーエスピー五番街さまありがとうございました。


スポンサーサイト

【2013/03/05 07:31】 | 集い。
トラックバック(0) |

ではでは!(^^)!



その素敵な集いの一コマを…。

20120909-1.jpg



宴のはじまりはじまり~(#^.^#)


20120909-2.jpg



「重陽の節句」にちなんで、日本酒に菊の花びらを入れております。

素敵~!!!






20120909-3.jpg



漆のおちょこに日本酒・菊の花びら…お着物。素敵すぎます!!!


20120909-4.jpg


今回の案内状に、「おうちにある器を1つ以上ご持参いただければ…。」とありました。

色々な形の素敵な器が沢山!(^^)!

20120909-5.jpg


我が家からは、以前、舎林さんで購入させていただきました、うちのアイドルおちょこを3つ。
その①です。


20120909-6.jpg


その②です。

その③は、撮り忘れてしまいました。残念…。

皆に使っていただいて、うちのアイドルおちょこも、いつもより素敵に見える感じがします。


20120909-11.jpg



そう!ここにも♪お節句のお飾り(#^.^#)

G・M・B個人的にこの紐が可愛くて可愛くて…好きです♪




20120909-9.jpg



お料理の先生が、たくさーんたくさーん美味しいご飯を作ってくださいました。

そのお料理の先生は、私たちが日常で食べられるお料理を教えて下さいます。

その日常のお料理に何か1つ簡単で無理なくできるアレンジを~!

という、なんというかカユイ所に手が届くような、そんなお料理を教えて下さいます。



なので、外食特有の胃に負担がかかる感じもなく、

でも「おいし~い(●^o^●)♪」と思わずホッぺが緩むご飯をいただけました!



今回、「重陽の節句」を旧暦ではなく(旧暦は1カ月ほど後とのこと。)新暦で行ったため、

食材の調達がなかなか難しかったらしいです…。

そんなご苦労があるとも知らず、パクパクいただいちゃいました。

美味しかったです!ありがとうございました。



20120909-12.jpg



栗ご飯です♪ピーエスピー五番街店主様が一生懸命むいて下さった「栗」なのです。



20120909-13.jpg



漆の器。同じ栗ご飯でも、こーんなに違う雰囲気になるんですね~♪

これも、また漆の器の楽しいところ!

今回は、色々な漆の器を使って、見比べてみよう!という意図もあったようであります。





20120909-8.jpg



さつま芋のご飯~♪

実は、我が家では「さつま芋のご飯」はでません。

なので…実を言うと…はじめて食べちゃったのであります!



しかも、炊飯ジャーからではなく、お櫃がわりに、このように盛ることができるんですね~。

お洒落~!






20120909-7.jpg



そして、ふつふつと沸いてでたG・M・Bの野望!

こんな美味しいご飯が並んだら、思わずやらずにはいられません!

「栗ご飯」&「芋ごはん」を並べてみたのであります…。



お家では、1種類しか炊かないので、こんなこと、あるようでないですよね!(^^)!



このあと、ペロッといただいちゃいました(#^.^#)




20120909-10.jpg



そして、日本酒4本あいたようなのですが、最後のシメのお酒。

仙台の古酒でした。

これが、とーーーっても美味しかった!らしいです。(←今回お茶で過ごした人。)

みな、嬉しそうに美味しそうに飲んでいらっしゃいました!

大震災で、こちらの酒蔵も相当な被害に合われたようで、

でも頑張って酒造されてるとのこと…。

そんなお酒を最後にいただきました。



美味しくないはずがありません!



この後も、お抹茶と和菓子をいただいたり…。



お節句…いいものであります。



本当にいい経験をさせていただきました。

ありがとうございました。




【2012/09/10 10:39】 | 集い。
トラックバック(0) |

いつもG・M・Bが大変お世話になっております、PSP五番街さんのお誘いで、

「重陽の節句」の集いに参加させていただきました。


実は…恥ずかしながら、私。


「重陽の節句って?…なに?」という若輩者でして、
無知ってコワイ!と思いつつも、インターネットでお勉強をしてみました。



☆重陽の節句…五節句のうちの1つのようで、重陽は「ちょうよう」と読むようです。
           「重陽」とは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。
          陽(奇数)が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で
          重陽と言われているそうです。
          
          平安時代以前は、農山村や庶民の間で秋の田畑の収穫が行われる時期に、
          「栗の節句」とも呼ばれて、栗ご飯などで節句を祝ったそうです。
       
          そして、平安時代に入って、菊の花を浸した「菊酒」を飲み交わしたそうです。
          (中国思想の影響を受けたとのこと。)




う~ん!栗の節句(^^)


昔から秋は「食欲の秋!」なのですね。
すばらしい~(*^^)v



重陽の節句というと、人間、頭は「???」になりますが、
「栗の節句」と言えば、きっと、土用の丑の日なみに、
ちまたでも流行るのではないか!!!
など、栗が大好きな私は思ってしまいます。
(そういう問題ではなさそうな…すみません。)




PSP五番街様の主催で、舎林様にて行われた「重陽の節句」。

たくさんの方がいらっしゃってました。

G・M・Bが以前参加させていただいた、お料理の先生の美味しいお料理をいただきながら、
楽しい1日を過ごさせていただきました。



舎林様は、漆専門のギャラリーです。
「ギャラリー」と聞くと、漆であったり、陶器であったり…。
目まぐるしく展示が行われているイメージがありますが、
漆専門のギャラリー様です。


素敵なお人柄の店主様がいつも温かく迎えて下さいます。

G・M・B個人的に大好きな方なのです。
いつもお会いすると、「ホッ!」とする方でいらっしゃいます(^^)


ですので、全国各地から「ここに行けば、この作家さんの器が見れる!」などと、
マニアはもちろん、色々なお客様がいらっしゃいます。
(ほんと、全国各地からいらっしゃるようです。G・M・Bも自宅から舎林様は遠いのですが、
私より遠いところにお住まいの方がわんさか!…すごいです。)



そして、作り手様も、舎林様に集まってこられます。


G・M・Bも何度か「職人さん」と言われる方に舎林様でお会いできたのですが、
職人さん=近寄りがたい!
という勝手なイメージを抱いておりましたが、
そうではなく。
皆さんとっても素敵な方でした。



そして、その「漆の器」=「特別な器」「お正月にしか使わない器」
ではなく、日常でも使えるよ~!
こういう風に使えるよ~!
お修理も出来るんだよ~!


大好きな漆を広めたい!という思いから、
「PSP五番街」の店主様が「PSP五番街」を立ち上げられました。



素敵ですね~(#^.^#)



G・M・BもPSP五番街の店主様に誘われ、舎林様に何度か足を運ぶたびに、
少しずつ、日常で使える「漆の器」が増えてきました。
日常で使える漆の器!オススメです♪



というわけで、長くなってきましたので、
次回へ・・・続くです!(^^)!






【2012/09/10 09:17】 | 集い。
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。